人身事故の弁護士費用

人身事故が発生した場合には、保険会社との交渉があるので、弁護士に相談をするのが一般的なのですが、気になるのは弁護士に支払う費用でしょう。保険会社は保険料を支払いたくないので、加害者の味方になっているのですが、逆に弁護士は被害者である依頼者から弁護士費用がもらえるので、被害者の味方をしているのです。そのため、弁護士に依頼すれば必ず弁護士へ支払う費用が発生してしまいます。重要なのは弁護士へ支払う費用になります。

通常人身事故の相談を受けた場合には、相談や面談で料金を請求するケースは珍しくなっているのです。よって相談や面談で費用を請求するような弁護士には相談するべきではありません。電話で簡単な相談の受付をしていることもあるのですが、もちろん通話料も無料になっているのが一般的です。ただし、弁護士によっては初回のみ無料にしている場合や、時間を設けて制限時間内であれば無料になっていることもあるので、必ず確認をしてから相談をしましょう。

では、どこで弁護士への支払いが発生するのかというと、慰謝料の請求が行われたときです。このときに成功報酬として弁護士に費用を支払うようになるでしょう。しかも報酬金額は、どれだけ慰謝料が請求されたのかによって変わってきます。だからこそ弁護士はできる限り高い慰謝料を支払わせるために協力をしてくれるのです。当サイトでは人身事故が発生して弁護士に依頼した場合の弁護士費用についていろいろと情報を提供させていただいています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket